40代からは避けた方が良い?石油系シャンプーのメリット・デメリット

シャンプー市場では長い間石油系シャンプーが主流でした。

石油系シャンプーのデメリットは強すぎる洗浄力

現在でも多くの種類が発売されていますが、一方で頭皮ケアの観点からデメリットを指摘される機会が増えていることもあり、評価が大幅に下落している面もあります。

 

ただ必ずしもデメリットばかりではなく、メリットもありますし、ひとりひとりの頭皮・毛髪との相性もあるので必ずしも頭皮ケアに向いていないわけではありません。

 

ですからメリット・デメリットの両方を踏まえたうえで自分に向いているかどうかを検討していく公平な視点が求められます。

 

このタイプの場合はデメリットから取り上げていく方がよいでしょう。

 

最大の問題点として指摘されるのが強すぎる洗浄力です。

 

このタイプに使用されている石油を使って作られる合成界面活性剤は非常に優れた洗浄力を備えている一方で肌に肌に負担をかけてしまう問題点を抱えています。

 

清潔を維持しようと一生懸命洗った結果頭皮を傷めてしまうことも多いのです。

 

とくに40代以上になると老化の影響でバリア機能が低下するだけにこの影響が無視できなくなります。

 

年代を問わず頭皮の乾燥を抱えている方にとってもダメージのリスクを抱えてしまいかねないタイプといえます。

 

実際、現代人が頭皮に発症する湿疹やアレルギー症状の多くは肌に合わない刺激の強すぎるシャンプーを使っていることが原因であることが多く、低刺激なシャンプーに切り替えるだけで改善されるケースが大半を占めているとも言われています。

 

この点からも40代以上にとってはあまり向いていない選択肢となるでしょう。

優れた洗浄力や安い価格などメリットもある

ただこのデメリットに対して無視できないメリットもあります。

 

まず強い刺激と背中合わせになりますが優れた洗浄力を備えている点。脂性肌の方や夏場汗をたくさんかいたときなどは石油系シャンプーの洗浄力がとても役立ちます。

 

また泡立ちがよく洗いやすい点も見逃せません。

 

いくらシャンプーそのものが低刺激でも泡立ちが悪いとどうしても指で頭皮をこすりながら洗ってしまうようになります。

 

その点石油系シャンプーは泡立ちが非常によいのでよく泡立てたうえで洗っていけば指でこする刺激を与えることなく洗っていくことができます。

 

刺激を与えてしまうことも多い優れた洗浄力はひとりひとりの相性や使い方ひとつで大きなメリットにもなるわけです。

 

そしてもうひとつ、価格が安い点も無視できない魅力です。

 

石油系の合成界面活性剤は製造コストが非常に安く済むため製品の価格も安くなります。

 

毎日使うものですから、経済的な負担を感じずに使い続けられる価格かどうかも大事な部分です。

 

無理して効果なアミノ酸シャンプーを買って途中で挫折してしまうよりも、無理なく買い続けられる石油系シャンプーのほうがよいともいえるわけです。

 

このように必ずしもデメリットばかりとはいえない面もあるため、シャンプー選びの際には自分にとってメリットとデメリットのどちらが大きいかよく検討してみたいところです。
コスメルジュ編集部が選んだ!40代から使いたいシャンプー>>

きしまないシャンプーも登場?ノンシリコンシャンプーのメリット・デメリット

一時期ノンシリコンシャンプーが大きな話題となり、さまざまなメーカーがノンシリコンであることをアピールしたシャンプーを発売しました。

シリコンを使っていないので髪が軽くなるメリットがある

その結果シリコンが使用されたシャンプーがすっきり悪役扱いされてしまった面もあり、それ対する反論も出てくるなどシャンプーの選び方が難しくなってしまう結果をもたらしています。

 

これからシャンプーを選ぶ場合には「シリコン入りはダメ、ノンシリコンのほうがいい」といった極端な意見は避け、ノンシリコンにはどんなメリット・デメリットがあるのかをよく把握した上で選んでいくことが求められます。

 

このようにノンシリコンシャンプーはもっぱらシリコン入りシャンプーとの比較でメリット・デメリットが語られています。

 

もともとシリコンは毛髪にコーティングを施すもので、その結果ツヤや指通りのよさといったメリットをもたらしています。

 

ノンシリコンシャンプーはこのシリコンを使っていないわけですから、コーティングを行わないことでどのようなメリット・デメリットが生じるが最大のポイントです。

 

まず髪が軽くなります。シリコン入りシャンプーはコーティングをする影響でどうしても毛髪が重くなってしまいます。

 

全体的に重く感じてしまうだけでなく、髪の毛が細い人は重さでつぶれてしまう形で全体のボリュームが少なく感じられるようになってしまうこともあります。

 

ノンシリコンならそのようなこともなく全体を軽く、ふんわりと仕上げやすくなるのです。

 

それから毛髪・頭皮を傷めるリスクが少なくなる点。

 

すでに傷んでいる毛髪や頭皮にシリコンが付着し、そのまま残留するとかゆみや炎症、フケといったトラブルの原因になることもあります。

 

これはすすぎをしっかり行うなど使い方とも関わってくる部分ですが、傷みが気になる方には無視できない部分です。

まとまりにくい、きしむなど人によってはデメリットに感じる部分も

そしてもう一つがパーマやカラーリングの効果が得られやすいこと。

 

表面をシリコンでコーティングされていないのでカラーリング・パーマの薬剤が毛髪に浸透しやすくなるため、効きがよくなる、長持ちするといったメリットが得られます。

 

こうしたメリットに対してコーティングをしないことで生じるデメリットもあります。

 

先ほど軽さをメリットに挙げましたが、逆にまとまりにくく、指どおりが悪さやきしみといった問題が出てきます。

 

とくに毛髪のボリュームが多い方は全体が膨らんでまとまりにくくなるのが厄介な点です。

 

また先ほどカラーリング、パーマの効果が得られやすいと書きましたが、逆にこれらの薬剤が毛髪を傷めやすい点も注意しておくべき部分でしょう。

 

きしみや指どおりの悪さに関してはかなり改善されておやり、まとまりやすいノンシリコンシャンプーも増えています。

 

ただコーティングがないぶん毛髪がダメージを受けやすい点をしっかり踏まえた上でシリコン入りシャンプーとどちらがよいのかを検討していくことが欠かせないでしょう。

 

40代からは必須?アミノ酸シャンプーのメリット・デメリット

シャンプーによる頭皮ケアが注目を集めるようになったことで需要が増えているのがアミノ酸シャンプーです。

アミノ酸シャンプーはマイルドな洗浄力で頭皮に負担をかけない

これまでシャンプー市場の主流だった石油系シャンプーとは正反対の特徴を備えており、頭皮に負担をかけずに洗っていくことができる点がとくに注目されています。

 

従来の石油系シャンプーは洗浄力に優れている一方で頭皮への刺激が強くダメージを与えてしまう恐れがあるほか、汚れだけでなく水分とバリア機能の維持に欠かせない皮脂やセラミドまで一緒に落してしまう面もあります。

 

とくに現代人は清潔意識が高いこともあって一生懸命シャンプーをすることが多く、この洗浄力に高さが頭皮と毛髪に負担をかけてしまうのです。

 

そこでもっとマイルドで負担をかけずに洗えるシャンプーはないか?ということで注目されるようになったのがアミノ酸シャンプーなのです。

 

アミノ酸はたんぱく質の原材料であり、健康な皮膚を維持する上で欠かせない成分です。

 

そんなアミノ酸系の成分を洗浄成分として使っているのがアミノ酸シャンプーの最大の特徴です。

 

具体的にはグリシン、グルタミン、メチルアラニンといった洗浄成分が使われているので成分表示をチェックしてみるとよいでしょう。

 

アミノ酸は皮膚をはじめ体中に存在しているものです。

 

それだけに体に過剰なダメージを与える心配がなく洗っていけるのです。

 

必要な皮脂やセラミドを残すことで洗い終わった後のツッパリ感やカサつきといった悩みを抱えにくくなります。

デメリットは洗浄力が弱めなので脂性肌には向いていない面も

頭皮のトラブルを抱えている方はそもそも刺激に敏感になっているケースがほとんどです。

 

とくに40代以上になると老化の影響で頭皮のバリア機能と保湿力が低下していくため、こうしたアミノ酸系シャンプーのメリットが非常に大きくなります。

 

一方、デメリットとしてはまず価格の高さが上げられます。

 

石油系シャンプーがこれまでシャンプー市場で主流だった理由には化学成分を使用することで製造コストを抑えられる点が挙げられます。

 

それに比べてアミノ酸シャンプーは製造コストが高くなることもあって製品の価格そのものも高めになります。

 

もうひとつは洗浄力が弱いことです。

 

それまで石油系シャンプーの洗浄力に慣れていた人が使うと汚れが残ったような物足りない感触を覚えがちです。

 

また皮脂の分泌量が多い脂性肌の人が使うと落としきれずに毛穴を詰まらせてしまう可能性もあります。

 

この点は肌質や使い心地の好みで評価が分かれてくる部分でしょう。いずれにしろ刺激に敏感になりがちな40代のシャンプー選びではぜったい無視できない選択肢となることは間違いありません。

 

髪に優しくて良さそうだけど…石鹸シャンプーのメリット・デメリット

シャンプーの種類の中でも評価が分かれやすいのが石鹸シャンプーです。

石鹸シャンプーは刺激が少なく安全性が高いのがメリット

石油系シャンプーに比べて頭皮と毛髪の両方に優しい一方で石鹸ならではのデメリットも抱えているからです。

 

石鹸シャンプーとは文字通り石鹸を洗浄成分としたシャンプーのことです。

 

具体的には脂肪酸ナトリウムや脂肪酸カリウムが洗浄成分として使われています。

 

若い女性にとっては「石鹸で頭を洗う」と言われただけでも驚きかもしれません。

 

ただ石鹸は体を洗う際に使うように体との相性が非常によく、アレルギーなどの安全性の問題を抱えにくいという大きなメリットを備えています。

 

洗浄力が強すぎるきらいがある石油系シャンプーで頭皮を傷めてしまった際に使用すれば改善しながら清潔を維持していくこともできます。

 

この頭皮への刺激の少なさではアミノ酸シャンプーも注目されています。

 

こちらのほうが評価が高く、シャンプーでの頭皮ケアを考えている方はまずこちらを検討してみる傾向が見られます。

 

ただアミノ酸シャンプーは低刺激な一方で洗浄力が弱く汚れをしっかり落とせないデメリットを抱えています。

 

石鹸シャンプーは石油系シャンプーのような強すぎる刺激がない一方、皮脂を落とす洗浄力には優れているため、アミノ酸シャンプーでは洗い上がりに物足りなさを感じているという方にも適しているのです。

髪のごわつきやきしみなど洗い上がりの感触が悪いデメリットも

ただ一方で石鹸シャンプーにはデメリットもあります。

 

最大の問題点として必ず挙げられるのが髪のゴワつきやきしみです。

 

石鹸の洗浄成分は弱アリカリ性、これが優れた洗浄力をもたらしているのですか、その一方で髪のキューティクルを開いてしまう作用もあり、どうしてもきしみやごわつきが見られるようになるのです。

 

また、キューティクルが開いた影響で水分が失われてしまい、パツさきやまとまりにくさといった問題を抱えることもあります。

 

あとはしっかりすすぎを行わないと石鹸の白いカスが残ってしまう場合もあるので少々慣れが必要な点も注意しておくべきでしょう。

 

この洗い上がりの感触の悪さを理由に敬遠する人が多く、賛否両論が見られています。

 

ただ洗い上がりのパサつきやゴワつき、まとまりにくさは酸性のリンス、コンディショナーを使えば解決できます。

 

また、現在発売されている石鹸シャンプーではこれらの弱点を解消するため使い心地を重視したもの、保湿成分や毛髪を修復する成分を配合したものも増えています。

 

適度な洗浄力で頭皮に負担をかけずに洗っていけるよい選択肢なのは間違いないため、使い心地が自分に向いているかを考慮しながら検討していくとよいのではないでしょうか。

 

オーガニックシャンプーとの違いは?ボタニカルシャンプーのメリット・デメリット

頭皮ケアや薄毛対策にシャンプーが積極的に活用されるようになったことでさまざまなシャンプーが発売されるようになっています。

ボタニカルシャンプーは植物由来のエキスを主成分としている

その中でこれまでにないシャンプーの名称も生まれており、選ぶ際にはそれぞれの内容や特徴を踏まえておく必要が出てきます。

 

そんな新しいシャンプーの名称の中でもとくに耳新しく、わかりづい面があるのがボタニカルシャンプーです。

 

ボタニカルとは「植物の」「植物由来の」といった意味の言葉で、その通り植物由来のエキスを主成分として配合されているのが最大の特徴です。

 

現在のシャンプー市場ではいかに頭皮に負担をかけずに毎日の清潔を維持することができるかが大きなテーマとなっているだけに植物由来の成分を使用しているのは大きなアピールポイントといえます。

 

ただ植物由来のシャンプーというともうひとつ、オーガニックシャンプーも新しい名称として耳にする機会が増えているものです。

 

天然由来の成分を配合していることをアピールしている点でこの2つのシャンプーは共通しており、それぞれの製品を一見しても違いがほとんどわからないことも少なくありません。

 

この点はメーカーごとに名称を決めている部分もあるのではっきりした定義を確定しづらい面もあるのですが、オーガニックシャンプーとは本来「有機栽培で栽培された植物の成分を配合しているシャンプー」のことです。

 

ですから植物由来であっても有機栽培されていない場合にはオーガニックシャンプーにはならないわけです。

オーガニックシャンプーは有機栽培された植物成分が配合されてる

ただし、すべての成分が有機栽培されたものとは限らず、ひとつでも含まれていればオーガニックシャンプーと名乗っているケースも少なくありません。

 

そのためどちらが優れているかを判断するのは難しく、あくまでそれぞれの製品に配合されている植物由来のエキスの効果やシャンプーとしての使い心地を比較検討していく必要があります。

 

ボタニカルシャンプーのメリットは低刺激なので頭皮に負担をかけずに洗っていくことができる点でしょう。

 

プラス植物由来のエキスを頭皮に補うことで乾燥やバリア機能、さらには薄毛の改善にも役立てることができます。

 

一方デメリットは低刺激な分洗浄力が弱く、洗い上がりがすっきりしない傾向が見られます。

 

とくに石油系シャンプーのつっぱるくらいすっきりした洗い上がりに慣れている人が利用すると物足りなさを感じてしまうことが多いようです。

 

あとは泡立ちがあまりよくないため、途中でなんども泡立てなければならない、泡が少ないので指で強く頭皮をこすって洗ってしまうようなことがないよう気をつけなければならないといったデメリットも見られます。

 

頭皮が乾燥して刺激に敏感になっている人にはよい選択肢となる一方、皮脂が多い方、毛穴が詰まりやすい方には物足りなさを感じる面もあるため、自分の肌質を踏まえながらメリットとデメリットのどちらが得られるのかを判断していくことが求められます。
コスメルジュ編集部が選んだ!40代から使いたいシャンプー>>

40代から使いたい人気のシャンプー

POLA フォルム

ノンシリコンなのにきしまない!髪と頭皮のエイジングケアに大人気シャンプー
250ml1,296円・税込/550ml2,592円・税込
>>公式HPで詳しく見てみる!

グローイングショットシャンプー

髪のハリとコシが無くなってきたら…40代からのボリュームアップシャンプー
3,132円・税込
公式HPで詳しく見てみる!>>

TSUBAKI エクストラモイスト シャンプー

パサつく髪をしっとり艶やかな髪に変える!椿オイル配合の保湿ケアシャンプー
832円・税込
公式HPで詳しく見てみる!>>

ボタニカルシャンプー

余分なものは含まない天然由来100%!髪を傷めないオーガニックシャンプー
シャンプー・トリートメントセット6,780円/定期初回2,980円(2回目以降4,980円)税別
公式HPで詳しく見てみる!>>

守り髪

50代女性シャンプー守り髪

40代の髪を守る!髪と頭皮の老化を防ぐノンシリコンアミノ酸シャンプー
2,800円・税別
公式HPで詳しく見てみる!>>