遺伝?環境?白髪が多い人、少ない人の違い

世の中には性別を問わず白髪が多い人と少ない人がいます。

白髪の多い、少ないは毛髪が作られるメカニズムと深い関係がある

また年齢を重ねていくにつれて白髪が増えていく人もいれば若いころから白髪が見られる人もいます。

 

こうした個人差はどうして起こるのでしょうか?それは毛髪が作られるメカニズムと深い関係があります。

 

毛髪は毛根にある毛母細胞で作られることは知られていますが、作られたばかりの段階ではまだ色はついていません。

 

その後メラニン色素がつけられることで黒い色になるのです。

 

メラニン色素といえば日焼けやシミの原因として知られていますが、毛髪に色をつける重要な役割も担っているのです。

 

このメラニン色素が毛髪にしっかりとついていれば問題ないのですが、何らかの原因でつかなくなってしまうと色がついていない白い色のまま生えてくるようになります。これが白髪なのです。

 

ではそのメラニン色素がつかなくなる「何らかの原因」とは何なのか?この点はまだ研究途上で根本的な原因や詳しいメカニズムに関しては解明されていない部分が多いそうです。

 

ただメラニン色素を作っているメラノサイトという組織の状態が深く関わっていると考えられています。

 

つまりこの組織がうまく活動しなくなることでメラニン色素が作られず、白髪が増えてしまうわけです。

メラノサイトの働きの低下の原因に老化や食生活、ストレスがある

どうしてメラノサイトの働きが低下してしまうのか?いくつかの原因が考えられています。

 

まず老化。加齢がもたらすシワやたるみといった肌トラブルは細胞の老化と深く関わっていますが、メラノサイトもその影響から逃れられず、老化が進むにつれてメラニン色素の生成量が減少して白髪ができやすくなるのです。

 

それから食生活の問題。毛母細胞にしろメラノサイトにしろ活動にはエネルギーが必要ですし、活動を維持し、促す役割を持つ成分も欠かせません。

 

たんぱく質やアミノ酸といった毛髪の原料、ヘアサイクルを維持するミネラル、ビタミンなどの成分の摂取量が不足していると抜け毛だけでなく白髪の原因にもなってしまうのです。

 

ですから白髪が多い人は栄養バランスが偏りがち、ストレスや紫外線に晒されがちな環境で生活しているといった特徴が見られます。

 

遺伝に関してはまだはっきりとした因果関係が解明されていないものの、親が白髪が多い人ほど白髪のリスクが高い傾向があると考えられており、このあたりも白髪が多い人と少ない人の違いとして挙げることができるかもしれません。

 

こうした違いは生活習慣で改善できる部分もあるため、白髪が多い人は白髪染めやヘアカラーだけでなく白髪そのものを改善していく対策も効果的と考えられています。
コスメルジュ編集部が選んだ!40代から使いたいシャンプー>>

白髪は予防できる?今日からできる白髪予防法

白髪の原因はまだはっきりとしたところは解明されていない面もあり、さまざまな原因が考えられています。

たんぱく質とアミノ酸をしっかり摂取できるよう食生活を見直す

その中には生活習慣の見直しや対策で改善できるものも多く、日ごろから心がけることで白髪を予防していくこともできると考えられています。

 

そんな白髪予防法の中でも意識したいのが食生活の改善です。

 

現代人は栄養バランスが乱れがちでそれが薄毛の原因としても指摘されるなど毛髪への影響が大きいと考えられています。

 

まず正常なヘアサイクルで健康な毛髪が作られやすい環境を心がけましょう。

 

そのためには毛髪の原材料となるたんぱく質とアミノ酸をしっかり摂取することが第一です。

 

ただしたんぱく質は肉類に頼るのではなく魚や大豆でもうまく摂取していきましょう。

 

動物性脂肪の摂取量が多いと皮脂の増加による毛穴のつまりや血行不良といった問題を引き起こしかねません。

 

それから新陳代謝を促すビタミンB群や亜鉛、血行改善に役立つ鉄分、ビタミンEなども積極的に摂取していきたいところです。

 

また銅はメラニン色素を増やすのに役立つので牛レバー、ごま、海藻類、イカなどを日常の食生活の中で取り入れていきましょう。

 

それから睡眠環境の改善。こちらも現代人にとって重要なテーマです。

 

忙しい毎日で睡眠不足に陥っている方や不規則な生活を送っている方も多いはず。

 

睡眠中は新陳代謝が活発になるうえにホルモン分泌の増加、さらに活性酸素を除去する働きを持つメラトニンが増加するといった重要な時間帯です。

 

これが不規則だと毛髪が作られるヘアサイクルにも悪影響が及んで抜け毛や白髪といったトラブルの原因になってしまう恐れがあるのです。

質の良い睡眠、適度な運動も白髪予防に役立つ

十分な睡眠時間を確保するのはもちろんですが、質のよい睡眠をとれる工夫もとりいれましょう。

 

できるだけ毎日同じ時間に就寝・起床すること、ストレスをためないこと、就寝前にはカフェインやスマホなど脳を刺激することは避けることなど。ちょっとした意識で改善できることばかりです。

 

あとは適度な運動も白髪予防に役立ちます。

 

運動によって血行を促すことで毛根に酸素と栄養が届きやすくなります。

 

これには毛髪を作る毛母細胞だけでなく、毛髪を黒く染めるメラノサイトの活動も活性化させる効果が期待できるので白髪予防にもよいのです。

 

また運動によるストレス発散、適度な疲労感が深い睡眠をもたらしてくれる点なども見逃せないメリットでしょう。

 

もうひとつ、意外なところでは美白ケアを一生懸命行っている方は白髪のリスクが上昇しやすいといわれています。

 

シミの原因となるメラニン色素の生成をブロックする美白化粧品の効果が白髪を染めるためのメラニン色素を減らしてしまう面もあるからです。

 

一生懸命美白ケアを行っている方はそれが白髪予防にとってよいことなのか見直してみるとよいかもしれません。

 

白髪予防に役立つシャンプーの選び方・使い方

シャンプーで白髪予防ができるのか?という点に関してはまだ解明されていない面が多く、賛否両論が見られる状況です。

過剰な洗浄力は避け、頭皮を刺激しないシャンプーを選ぶ

白髪染めシャンプーで染めるのではなく、予防したい場合にはシャンプーの中身をよくチェックし、自分の頭皮や毛髪の状態にあっているのかを考慮したうえで効果が期待できそうなものを選んでいくことが重要になってくるでしょう。

 

まずポイントは頭皮環境の改善に役立つか。白髪の問題は頭皮にあるメラノサイトで十分なメラニン色素が作られずに髪が染まらなくなってしまうことです。

 

頭皮が乾燥したり傷んでいるとどうしてもメラノサイトの活動も停滞してしまいますから、うまくシャンプーでケアしていくことが求められるわけです。

 

この頭皮ケアの点では抜け毛・薄毛対策と共通している部分が多く、過剰な洗浄力は避け、頭皮を刺激しないシャンプーを選んでいくのが大前提です。

 

汚れはしっかり洗い落としつつもバリア機能に必要な皮脂や保湿成分のセラミドは残すことができるアミノ酸シャンプーなどがおすすめです。

 

それから頭皮の血行を意識したシャンプー選びも大事な部分です。

 

これも薄毛と共通していますが、血行が悪化すると血液を通して酸素と栄養が毛根にまでしっかり届かなくなってしまい、メラノサイトの活動に必要な栄養を確保できなくなってしまいます。

ヘチマンという成分はメラニン色素の生成を促し、白髪予防にも

この頭皮の血行不良に関しては紫外線や過剰なシャンプーの刺激も大きな原因となっているのでこの点を改善することを前提としつつ、血行の悪化が気になる方はシャンプーで血行改善効果がある有効成分を補ってみましょう。

 

センブリエキス、ビタミンE、アーチチョーク葉エキス、イチョウ葉エキスなどが挙げられます。

 

白髪予防に役立つシャンプーとして注目されているのがヘチマンという成分が配合されているタイプです。

 

もともとこのヘチマンは育毛剤の成分として使われていたものですが、カラーリングを長持ちさせる効果に加えてメラニン色素の生成を促す作用も備えています。

 

ですからカラーリングで白髪染めをするときにも役立ちますし、白髪予防そのものにも効果が期待できるのです。

 

ヘチマンが配合されているシャンプーは選択肢が限られている面もありますが、白髪の予防を重視してシャンプーを選びたい場合には検討してみるとよいでしょう。

 

あとはこうしたシャンプーのメリットを活かせる使い方も意識しましょう。頭皮に負担をかけず、乾燥やバリア機能の低下を防ぐことを考えればゴシゴシと強くこすりながら洗う方法がNGなのはすぐに理解できるはずです。

 

また血行が悪化すると頭皮が硬くなるので優しくもみほぐす感覚で洗うよう心がけましょう。
コスメルジュ編集部が選んだ!40代から使いたいシャンプー>>

40代から使いたい人気のシャンプー

POLA フォルム

ノンシリコンなのにきしまない!髪と頭皮のエイジングケアに大人気シャンプー
250ml1,296円・税込/550ml2,592円・税込
>>公式HPで詳しく見てみる!

グローイングショットシャンプー

髪のハリとコシが無くなってきたら…40代からのボリュームアップシャンプー
3,132円・税込
公式HPで詳しく見てみる!>>

TSUBAKI エクストラモイスト シャンプー

パサつく髪をしっとり艶やかな髪に変える!椿オイル配合の保湿ケアシャンプー
832円・税込
公式HPで詳しく見てみる!>>

ボタニカルシャンプー

余分なものは含まない天然由来100%!髪を傷めないオーガニックシャンプー
シャンプー・トリートメントセット6,780円/定期初回2,980円(2回目以降4,980円)税別
公式HPで詳しく見てみる!>>

守り髪

50代女性シャンプー守り髪

40代の髪を守る!髪と頭皮の老化を防ぐノンシリコンアミノ酸シャンプー
2,800円・税別
公式HPで詳しく見てみる!>>